気にしすぎないことも覚えておこう

Crazy Couple Sticking Out Tongues

スメルハラスメントとは

セクハラやパワハラなどいらんなが嫌がらせがありますが、スメルハラスメント、(スメル=臭い、ハラスメント=嫌がらせ)も社会問題になっています。テレビ番組などでも取り上げられることが多いのでとても有名です。自分では嫌がらせのつもりはなくても、その臭いで人を不快にさせてしまうというものです。そのなかでも筆頭にあがる臭いが口臭です。口臭は自分では気が付かないところが難点なのです。歯ブラシや舌苔ブラシでケアしてても臭ってしまうこともあります。人から臭いと言われて職場に行けなくなってしまった人や、人と話せすのが怖くなってしまった人もいます。

自臭病とは?

口臭の原因には様々あり、口腔内の歯周病が原因の場合もあれば、消化器系の病気が原因の場合もあります。通常はそれらの原因を治療によって排除することで、口臭も解消されるのですが、それだけでは終わらない場合もあります。それは「自臭症」です。これは精神性の疾患の一種として位置づけられ、実際には口臭など発生しいていないのに、自分で臭いが気になってしまう病気です。周りに悪臭を放っているのではないかといつも不安なのです。このような状態になると、先ほど述べたように、人と話すのが怖くなり対人恐怖症となってコミュニケーションに支障をきたしたり、口腔内を過剰にブラッシングするという弊害が出たりします。自分は口臭がすると思い込んでしまう病気なのでだんだんとストレスが溜まりうつ病にも発展する恐れのあるものです。

口臭がきになる時

心の問題なのでケアは難しいですが、まずは不安を除くことが一番です。今は口臭測定器というものがあるので、本当にそうなのかどうか確かめてもらうことが出来ます。そのようにして他の人に不快感を与えていないということを少しずつ自分に言い聞かせることも必要となってきます。家族など口臭があるかどうか率直に聞ける人がいれば近くにいればよいですが、そうでないなら歯医者さんに行った時に、「臭いが心配・・」ということを相談することもできます。定期検診ごとに確認すれば臭っていないということが少しずつ分かってくるでしょう。歯医者さんなら臭ってるなら臭ってる、臭ってないなら臭ってないと、嘘をいうことはないので安心です。口臭のない人が、口臭を気にしすぎるとストレスが原因で唾液の量が減り、本当に口臭がしてしまうようになる可能性もあります。ですから必要な処置をしたら気にしずぎないことを覚えておいてください。

エチケットとして口腔内を清潔に保つことは大切ですが、過度に自分の口臭を心配することはかえって危険です。心配するよりも、歯医者さんや家族にストレートに聞いてみましょう。解決できない悩みは精神的にも悪い影響しか与えません。それよりも心配をなくす方法を考えましょう。