歯科医に相談するとどうなるか

pixta_17090486_l

歯科医で相談する

スメルハラスメントという言葉がよく聞かれるようになり、自分の口臭が気になる人が増えています。歯磨きをしても、ガムを噛んでもなにをしても口臭がなくならない方は口の専門家ということで歯医者に行く人も多いです。では歯医者にいって「口臭が気になる・・」と相談するとどうなるのでしょう。まず歯のチェックから始まります。ここは普通に定期検診などで歯医者に行くときと変わりがありません。先生が口の中に虫歯がないかどうかなどのチェックをして、あるいは歯科衛生士さんが変わってこなうこともあります。チェックが終わって虫歯や歯茎の状態に問題が無ければ、歯石を取っておきましょうとなり取り終わったら、また定期的に歯のお掃除に来てくださいと言われ終了です。このようにように多くの場合口臭の原因などを教えてくれる歯医者さんはほとんどありません。せっかくいったのに答えがでなくて残念と思ってしまいます。ですが歯医者さんは基本的に歯の治療を行うところなので、歯や歯茎に問題がなければすることがないというのは確かにその通りです。では自分では原因が分からない口臭が気になるときどうすればいいのでしょう?

口臭外来で相談する

歯科医院や総合病院で開設している口臭外来というのをご存知ですか?口臭の原因が気になるという方はここを利用するという選択肢もあります。口臭外来では、臭いの発生原因を突き止めてそれに応じた治療を施すことを目的にしています。診察から治療までどのようにすすんでいくのでしょう。まず口臭の原因を探すところから始まります。口臭測定、口腔内検査、舌診、唾液検査、尿検査などが検査の項目となります。検査を受けたなら診断を待ちます。具体的に口臭測定というのは機械に息を吹きかけて測定するものと、先生が自身が臭いをかぐ官能検査があります。また舌苔が付着していないかどうかもチェックされます。口臭が口腔内の問題ではない可能性もあるので、尿検査を行って内臓の状態に問題がないかどうかを調べます。原因が分かったならそれに応じた治療とアドバイスが行われます。
このように口臭外来は臭いの原因を探るのにとても適しています。ですが難点は自由診療で、保険が適用されないため費用が高額となる点です。ですからここは最終的な手段として利用するのがよさそうです。まず口の中のケアを自分で行って清潔にする、それでも改善しないようなら歯医者で診てもらう、それでもだめなら口臭外来で診てもらうといった順序です。原因を早く突き止めて臭いを気にせず人との会話を楽しみましょう。