舌苔はケアしすぎると逆効果

happy girl with toothbrush

口臭の原因が舌苔にあると聞いて一生懸命磨いている人もいるかもしれません。ですが磨きは過ぎに逆効果と言われています。その理由を見てみましょう

舌苔ケアのしずぎは逆効果

①舌苔が再発しやすくなる
舌苔を摂りすぎると、微絨毛(びじゅうもう)が削れてしまう危険性があります。さらに舌苔を除去しすぎると舌の表面にある上皮細胞を無理やり剥がしてしまい、舌に凹凸ができたり、傷が出来たりしてしまいます。そうすると、その凹凸に食べかすよごれがつまりやすくなり細菌も繁殖しやすい環境になります。そうなると舌苔がまた増えてしまうのです。これに気が付かずにずっと舌苔ケアをしていると、いつまでたってもきれいにならないといういたちごっこになります。

②ドライマウスになってしまう
舌苔ケアに夢中になるあまり、口を開ける回数また時間がながくなると口の中の唾液がどんどん乾燥していきます。唾液は口の中の細菌を殺菌してくれる役割がありますが、それが減少することで虫歯や口臭の原因となります。また口を長時間あけていると口呼吸の習慣が付きやすくなります。口が空きっぱなしだと舌は口の下部にあることになり、唾液の分泌が減少していきます。このような理由からも長い時間口をあけて舌苔ケアをするのはあまりおすすめできません。

③味覚がなくなってしまう
舌の一番の役割には味覚を感じることがあります。舌はでこぼこしていますがその突起に味蕾と呼ばれる味を感じする組織が存在しています。味蕾は味細胞とそれを支えている支持細胞が交互に支え合う作りとなっています。その味細胞の先端にある微絨毛が食べ物の味をキャッチしますが、舌苔ケアをしすぎてしまうとその微絨毛の先端もけずってしまい味覚を感じにくくなります。
このように舌苔ケアをしすぎるとかえって舌苔が増えやすくなる、また味覚が鈍くなってしまうということが分かっています。

口臭の原因

口臭の原因は舌苔だけとは限りません。口臭の原因は実に様々で、歯や口腔内の清掃不足、歯槽膿漏などの歯周病、睡眠不足、さらには胃病などの内臓の健康状態が悪いことなどいろいろです。いくら舌苔ケアをして舌がきれいになっても口臭が治らないという時には歯科医に診てもらうことをおススメします。または内科で相談してみるのも良いかもしれません。舌苔ケアでブラシを使うのは最小限に抑えて、舌を傷つけないように気を付けましょう。口をこまめにゆすいだり、唾液が出るように舌をうごかしたり、睡眠をよくとったりという方法も試してみるとよいかもしれません。